技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【物理】真空放電の様子。気圧が最も低いものは?

電子に質量があることを陰極線の実験で初めて知った方も多いはず。その前段の真空放電の実験では気圧の低下にともなって、真空管の中の様子が変わっていきましたね。そこで問題、真空放電の様子を表した以下の3つ、気圧が最も低い状態は?
正解

正解は 「片方のガラス壁がうすく光る」

真空放電は気圧の低下にともなって、一本の線が徐々に見えなくなっていき、最終的には陽極側の壁が薄く光る状態になります。これは電子が衝突することによります。ちなみに、陰極線観察で活躍する「クルックス管」を発明したウィリアム・クルックスはタリウム原子の発見者でもあります。また、英国心霊現象研究会の会長でもありました。

不正解

正解は 「片方のガラス壁がうすく光る」

真空放電は気圧の低下にともなって、一本の線が徐々に見えなくなっていき、最終的には陽極側の壁が薄く光る状態になります。これは電子が衝突することによります。ちなみに、陰極線観察で活躍する「クルックス管」を発明したウィリアム・クルックスはタリウム原子の発見者でもあります。また、英国心霊現象研究会の会長でもありました。

オススメ用語解説

屈折計

概要

屈折計とは、光の屈折を応用した測定器のこと。測定器といっても、実質的には液体用の濃度計を指す。液体に物質が溶けている場合、その濃度と屈折率が比例する。これを応用し、純水中の異物混入率、液体製品の純度、果実液中の糖度などを測定するのに屈折計を使用する。プリズムを用い、試料液の屈折率とプリズムの屈折率の差によって濃度を測定するのが基本的な仕組みである。液体に加え、固体の屈折率が測定できるアッベ屈折計もある。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

電子機器用のハイクオリテイーな電池の研究、開発、製造、販売
ファルタ・マイクロバッテリー・ジャパン

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ