技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【化学】ろ紙に黒の水性ペンで文字を書いて水を垂らすと?
家庭でもできる簡単な実験の問題です。コーヒーフィルター(ろ紙)に黒色の水性サインペンで文字を書き、そこに水を垂らします。その後しばらく待って観察すると、何が見えるでしょう?
正解

正解は 「文字がカラフルになる」

いわゆるクロマトグラフィー(成分の分離)の実験です。黒色の水性ペンの色は、実はいろいろな色(成分)が混ざって黒い色に見えています。これを水を使って分離し、さらにその水分をろ紙で吸い上げると、混じっていたそれぞれの色が分かれて見えるようになります。

不正解

正解は 「文字がカラフルになる」

いわゆるクロマトグラフィー(成分の分離)の実験です。黒色の水性ペンの色は、実はいろいろな色(成分)が混ざって黒い色に見えています。これを水を使って分離し、さらにその水分をろ紙で吸い上げると、混じっていたそれぞれの色が分かれて見えるようになります。

オススメ用語解説

3次元測定器

概要

3次元測定器とは、被測定物(立体物)の3次元的な形状を測定する装置のこと。プローブがワーク表面に接触してなぞるように移動しながら3次元座標を測定する接触式と、レーザー光でワークをスキャンする非接触式の測定器がある。
測定範囲と分解能により、半導体ウエハやレンズ、金型のような微細形状の測定から、鋳造や成形による金属・樹脂部品の寸法確認、リバースエンジニアリングCADへのデータ取込み、人体や車両の形状計測まで、さまざまな分野で利用されている。
3D CMM、3D測定器、3次元形状測定器も同じ意味であり、3次元デジタイザとも呼ぶ。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ