技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【生物】ミミズの体の部分的に太い場所で何がわかる?
環形動物の代表例のミミズ。よく見ると体の一部分だけが幅広く、太くなっていますね。この部分は専門的には「環帯」と呼びますが、実はこの環帯で見分けることができることがあります。それは何でしょう?
正解

正解は 「大人か子供か」

実はミミズは雌雄同体。繁殖ができるようなると「環帯」が現れてきます。環帯の近くには生殖器があり、繁殖の際には2匹のミミズが環帯を寄せ合い、そこでお互いの精子を交換します。そして体内から出てきた卵子と受精することで、受精卵となります。ちなみに、環帯があるほうが『頭』です。

不正解

正解は 「大人か子供か」

実はミミズは雌雄同体。繁殖ができるようなると「環帯」が現れてきます。環帯の近くには生殖器があり、繁殖の際には2匹のミミズが環帯を寄せ合い、そこでお互いの精子を交換します。そして体内から出てきた卵子と受精することで、受精卵となります。ちなみに、環帯があるほうが『頭』です。

オススメ用語解説

環境型蛍光灯

概要

環境型蛍光灯とは、低消費電力や長寿命による低ランニングコストなど、環境負荷を低減させる要素を備えた蛍光灯のこと。使用する蛍光管には、液晶のバックライトにも用いられている冷陰極管(CCFL)などがある。省エネ型インバータの使用、高輝度照明による使用本数の削減、リユースへの対応などと合せて、トータルとして環境負荷を低減する。紫外線や電磁波放射や放熱量の抑制など、周囲環境への負荷低減にも対応している。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

工具、機器、部品、消耗品、備品類の卸売り業及び自社製品の企画開発
エスコ

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ