技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【生物】ミミズの体の部分的に太い場所で何がわかる?
環形動物の代表例のミミズ。よく見ると体の一部分だけが幅広く、太くなっていますね。この部分は専門的には「環帯」と呼びますが、実はこの環帯で見分けることができることがあります。それは何でしょう?
正解

正解は 「大人か子供か」

実はミミズは雌雄同体。繁殖ができるようなると「環帯」が現れてきます。環帯の近くには生殖器があり、繁殖の際には2匹のミミズが環帯を寄せ合い、そこでお互いの精子を交換します。そして体内から出てきた卵子と受精することで、受精卵となります。ちなみに、環帯があるほうが『頭』です。

不正解

正解は 「大人か子供か」

実はミミズは雌雄同体。繁殖ができるようなると「環帯」が現れてきます。環帯の近くには生殖器があり、繁殖の際には2匹のミミズが環帯を寄せ合い、そこでお互いの精子を交換します。そして体内から出てきた卵子と受精することで、受精卵となります。ちなみに、環帯があるほうが『頭』です。

オススメ用語解説

スリット加工

概要

スリット加工とは、大きな幅をもつ長尺シート(原反)を一定の幅で連続切断(スリット)し、ロールやリールに巻取る加工のこと。フィルム、紙、粘着テープ、布・不織布、金属箔やアモルファス合金薄板など、長尺・幅広の状態で製造されたものを、用途に応じたサイズにするための加工である。スリット方式には、シャー式、ギャング式、レーザー式などがある。
0.5㎜程度の細幅切断は「マイクロスリット」と呼ぶ。ミシン目を入れるミシン刃加工機や、異物が付着しないクリーンスリット加工もある。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ