技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【化学】金箔を光に透かすと何色に見える?
原子番号79、Au といえば「金」。高価な金属の代名詞にもなっていますね。よく伸びよく広がる性質から『金箔』として加工されるなどしています。金箔の色と聞かれれば 普通は金と答えますが、これを光に透かしてみると何色に見えるでしょうか?
正解

正解は 「青色」

金は赤~黄~緑の波長帯で高い反射率を示すので、黄色・橙っぽい色に見えます。薄い金箔を光にかざして見ると、黄色・橙系の光は反射されますが、その補色の青系の光は金箔を通り抜けてきます。したがって、金箔は青っぽく見えます。ちなみに1gの金からできる金箔は1平方メートル。金の糸(金糸)であれば3kmにも及びます。

不正解

正解は 「青色」

金は赤~黄~緑の波長帯で高い反射率を示すので、黄色・橙っぽい色に見えます。薄い金箔を光にかざして見ると、黄色・橙系の光は反射されますが、その補色の青系の光は金箔を通り抜けてきます。したがって、金箔は青っぽく見えます。ちなみに1gの金からできる金箔は1平方メートル。金の糸(金糸)であれば3kmにも及びます。

オススメ用語解説

クロスカップリング反応

概要

クロスカップリング反応とは構造の異なる2つの有機化合物を結合させる反応のこと。
1972年に玉尾皓平・理研基幹研究所所長らが開発、ニッケルを触媒として用いた「熊田・玉尾・コリュー・カップリング」の発見が始まりとされる。2010年ノーベル化学賞を受賞したパラジウムを触媒に用いる手法は、合成が難しい有機化合物を効率的で自由度高く作れ、有機化学の分野を劇的に発展させた研究とされている。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

■平判加工(タイコ巻き取り機) ロール状に巻かれた加工紙、フィルム化成品の平判加工 (※➡印刷位置指定のピッチ合わせの加工も可能) ■...
あかつき紙工

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ