技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【化学】金箔を光に透かすと何色に見える?
原子番号79、Au といえば「金」。高価な金属の代名詞にもなっていますね。よく伸びよく広がる性質から『金箔』として加工されるなどしています。金箔の色と聞かれれば 普通は金と答えますが、これを光に透かしてみると何色に見えるでしょうか?
正解

正解は 「青色」

金は赤~黄~緑の波長帯で高い反射率を示すので、黄色・橙っぽい色に見えます。薄い金箔を光にかざして見ると、黄色・橙系の光は反射されますが、その補色の青系の光は金箔を通り抜けてきます。したがって、金箔は青っぽく見えます。ちなみに1gの金からできる金箔は1平方メートル。金の糸(金糸)であれば3kmにも及びます。

不正解

正解は 「青色」

金は赤~黄~緑の波長帯で高い反射率を示すので、黄色・橙っぽい色に見えます。薄い金箔を光にかざして見ると、黄色・橙系の光は反射されますが、その補色の青系の光は金箔を通り抜けてきます。したがって、金箔は青っぽく見えます。ちなみに1gの金からできる金箔は1平方メートル。金の糸(金糸)であれば3kmにも及びます。

オススメ用語解説

座金

概要

座金とは、小ねじ、ボルトナットなどの締付け部品の座面と、ワークの間に挟み込む補助的な部品の総称。ワッシャーともいう。JISのねじ用語の中で定義されている。
基本的には小ねじやボルトが貫通する丸穴が中央に開いており、形状により、平座金、角座金ばね座金皿ばね座金歯付き座金、舌付き座金、球面座金波形座金などがある。
ボルト穴が大きすぎた場合のねじやナットの抜け防止や、ワークにかかる圧力を下げてボルトナットが締付け部にめり込むことを防ぐ、ワークの傷防止、座面の傾きや凹凸の補正、ねじのゆるみ防止、電気的絶縁、振動吸収などの場合に使われる。材質は、鉄鋼、ステンレス、リン青銅、真鍮、チタン合金、プラスチックゴムなどがあり、用途に合せて選択する。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

●産業用ロボットの輸入、販売及びアフターサービス。  小型の4軸スカラロボットや、超高速搬送用途のファストピッカー、小型 軽量物から可搬重...
ストーブリ

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ