技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【生物】魚はどこで音を聞ける?
ぱっと見にはわかりませんが、魚にも耳があります。人間のように外に飛び出した耳ではなく、頭の中に『内耳』があり、そこで音を聞いています。さて、実は魚は内耳以外でも音を聞いているのですが、それは一体どこでしょうか?
正解

正解は 「体の横側」

魚の体の側面、エラから尾にかけての部分をよく見ると、点線のようなものがあります。これは側線といい、主に水の圧力を感じる箇所ですが、同時に音も聞くことができます。ちなみに魚の内耳には、魚ごとに大きさ・形が違う『耳石』という、硬くてきれいな石のようなものがあります。

不正解

正解は 「体の横側」

魚の体の側面、エラから尾にかけての部分をよく見ると、点線のようなものがあります。これは側線といい、主に水の圧力を感じる箇所ですが、同時に音も聞くことができます。ちなみに魚の内耳には、魚ごとに大きさ・形が違う『耳石』という、硬くてきれいな石のようなものがあります。

オススメ用語解説

軸受

概要

軸受とは、回転・往復運動する部品に接してその荷重を受け、軸などを支持する部品のこと。ベアリングともいう。すべり軸受のバビットメタル、転がり軸受ボールベアリングなどがある。運動する部品の摩擦によるエネルギー損失や発熱を低減し、部品の焼きつきを防ぐ役割を果たすもので、回転機構をもつ機械には必ず使用される。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ