技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【化学】リトマス試験紙の『リトマス』。名前の由来は?

酸性とアルカリ性を見分ける際に使用するリトマス試験紙。理科では必須の道具の一つですね。では、その名前の由来は一体どれでしょうか?
正解

正解は 「コケの名前」

現在のリトマス試験紙は人工的に合成されるものが大半ですが、天然のリトマス試験紙は『リトマスゴケ』というコケから取り出した色素から作られます。リトマスゴケは地中海沿岸や西アフリカの海岸に自生していますが、残念ながら日本には生えていません。  

不正解

正解は 「コケの名前」

現在のリトマス試験紙は人工的に合成されるものが大半ですが、天然のリトマス試験紙は『リトマスゴケ』というコケから取り出した色素から作られます。リトマスゴケは地中海沿岸や西アフリカの海岸に自生していますが、残念ながら日本には生えていません。  

オススメ用語解説

フェライトコア

概要

フェライトコアとは、酸化鉄を主成分とするセラミックスであるフェライトにより作られた芯棒であり、ノイズによるスピーカーの雑音や電子機器の誤作動を防止するために用いられる。ケーブルを包むように取り付けられ、ケーブルに高周波のノイズ電流が流れた際に発生する磁場を吸収し、熱に変えることで高周波ノイズの除去を担うものである。フェライトコアは、コンデンサを用いたノイズ対策部品と異なりアースが不要であることや、基板実装が必要なく後付けが可能などの利点がある。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

【取扱製品】 ■JIS規格品 ■スリータイト ■各種リセス ■Kムス(商標名)座金組込タッピンねじ ■冷間圧造部品 ■特殊製品、...
粉室製作所

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ