技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【化学】リトマス試験紙の『リトマス』。名前の由来は?

酸性とアルカリ性を見分ける際に使用するリトマス試験紙。理科では必須の道具の一つですね。では、その名前の由来は一体どれでしょうか?
正解

正解は 「コケの名前」

現在のリトマス試験紙は人工的に合成されるものが大半ですが、天然のリトマス試験紙は『リトマスゴケ』というコケから取り出した色素から作られます。リトマスゴケは地中海沿岸や西アフリカの海岸に自生していますが、残念ながら日本には生えていません。  

不正解

正解は 「コケの名前」

現在のリトマス試験紙は人工的に合成されるものが大半ですが、天然のリトマス試験紙は『リトマスゴケ』というコケから取り出した色素から作られます。リトマスゴケは地中海沿岸や西アフリカの海岸に自生していますが、残念ながら日本には生えていません。  

オススメ用語解説

金型クランプ

概要

金型クランプとは、金型を挟んで保持するツールのこと。「金型取付け金具」とも呼ぶ。通常は機械的に爪で挟み込んで保持するが、磁石を用いるものや、油圧・空気圧を使用するものもある。金型を挟むため表面は高い硬度が要求されるが、逆に硬すぎると金型を傷めてしまうので、その際には金属板を挟んで使用する。
金型の取付け、交換が容易にできるスライド式、レバー式などの脱着機構を備えるものも多い。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

■攪拌機、フロートスイッチ、ポリエチレンタンクの製造・販売
関西機械工業

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ