技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【化学】シャボン玉を作るときに一緒に入れるとシャボン玉が丈夫になるものは?
子どもの頃によく遊んだシャボン玉。♪屋根まで飛んで~こわれて消えた、と歌われるようになかなかデリケートなものです。さて、石鹸水でシャボン玉を作るとき、一緒に 混ぜることでシャボン玉が丈夫になるものがあります。それは一体、どれでしょうか?
正解

正解は 「砂糖」

シャボン液に砂糖を混ぜると、粘り気が出てシャボン玉が丈夫になります。片栗粉やハチミツでもOKです。テレビやショーなどで使われる大きなシャボン玉には、グリセリンが使われています。ちなみに『シャボン』とは、ポルトガル語で『石鹸』という意味です。

不正解

正解は 「砂糖」

シャボン液に砂糖を混ぜると、粘り気が出てシャボン玉が丈夫になります。片栗粉やハチミツでもOKです。テレビやショーなどで使われる大きなシャボン玉には、グリセリンが使われています。ちなみに『シャボン』とは、ポルトガル語で『石鹸』という意味です。

オススメ用語解説

端子台

概要

端子台とは、電線の接続、分岐、中継のために複数の端子を集合した機構部品の総称。JIS C2811で「工業用端子台」として定義されている。もともとは制御盤や配電盤で使用され、AC100Vや200Vのラインを接続するため、電線は圧着端子をねじ止め、取付けは固定型(直取付型)またはDINレール対応型であった。しかし、現在ではプリント基板に取付ける端子台も各種作られている。
電線の接続方法は、普通のねじ止め以外に、ねじアップ式、スクリューレス式(スプリングロック式)、ねじ止めではないタブ端子台、圧接式などの種類がある。プリント基板用ではコネクタを直接接続できるコネクタ端子台(各社のコネクタを実装)もある。端子数、端子ピッチも各種揃っている。

・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

パワートランスミッション、マテリアルハンドリング 製品販売
マキシンコー

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ