技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【化学】シャボン玉を作るときに一緒に入れるとシャボン玉が丈夫になるものは?
子どもの頃によく遊んだシャボン玉。♪屋根まで飛んで~こわれて消えた、と歌われるようになかなかデリケートなものです。さて、石鹸水でシャボン玉を作るとき、一緒に 混ぜることでシャボン玉が丈夫になるものがあります。それは一体、どれでしょうか?
正解

正解は 「砂糖」

シャボン液に砂糖を混ぜると、粘り気が出てシャボン玉が丈夫になります。片栗粉やハチミツでもOKです。テレビやショーなどで使われる大きなシャボン玉には、グリセリンが使われています。ちなみに『シャボン』とは、ポルトガル語で『石鹸』という意味です。

不正解

正解は 「砂糖」

シャボン液に砂糖を混ぜると、粘り気が出てシャボン玉が丈夫になります。片栗粉やハチミツでもOKです。テレビやショーなどで使われる大きなシャボン玉には、グリセリンが使われています。ちなみに『シャボン』とは、ポルトガル語で『石鹸』という意味です。

オススメ用語解説

レガシーフリー

概要

レガシーフリーとは、継続的に使われてきた伝統的な規格・装置(レガシー)を備えていないこと。
パソコンやコンピュータ業界を発祥とする言葉で、1990年代後半から言われ始めた。具体的には、それまでパソコンが常識的に備えていたISAバス、セントロニクス、RS-232Cポート、PS/2ポート、モデムポート、フロッピーディスクドライブ(FDD)などが「レガシー」であり、これらの代わりに新技術のUSBや光ディスクドライブのみを搭載したものが「レガシーフリー」のパソコンとして販売された。当初は「従来との互換性がないなんて」という心配が多く、マイナスのイメージがあったが、次第に「時代遅れの古いものは不要」「シンプルでスマート」というイメージに転化した。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

コンピュータシステム設計、開発
アイシーソフト

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ