技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【化学】これまでに産出されたプラチナを一箇所に集めると何m四方の立方体になる?
身近な貴金属の中でも希少性が高いのがプラチナ(Pt)です。昔から装飾品に使われてきましたが、近年では自動車の点火プラグや燃料電池の触媒などでも使われています。ところで、これまでに人類が産出したプラチナを一箇所にまとめると、一辺がどれくらいの立方体になるでしょうか?
正解

正解は 「6m」

これまでに産出されたプラチナの総量は約4,000トン、体積換算で約200立方メートル(一辺が約6メートルの立方体)で、とても希少な金属です。ちなみに金の累計産出量はプラチナの26倍の106,000トン、銀の累計産出量はさらにその10倍の100万トンと言われています。

不正解

正解は 「6m」

これまでに産出されたプラチナの総量は約4,000トン、体積換算で約200立方メートル(一辺が約6メートルの立方体)で、とても希少な金属です。ちなみに金の累計産出量はプラチナの26倍の106,000トン、銀の累計産出量はさらにその10倍の100万トンと言われています。

オススメ用語解説

黒染

概要

黒染とは、鉄鋼製品に防錆効果を与えるために四酸化鉄被膜を形成する表面処理方法の一種。文字どおり黒く染まるためこう呼ばれるようになった。「パーカライズド・フィニッシュ」とも言う。処理方法は、苛性ソーダを用いた処理液を140℃で沸騰させ、完全に脱脂した鉄鋼部品を浸漬して黒くする加温方式と、銅をイオン化させた酸性の水溶液に完全に脱脂した鉄鋼部品を浸漬し、イオン交換によって表面に被膜をつくる常温方式がある。鉄鋼製品以外に、アルミ、ステンレスなどに対する常温処理も普及している。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ