技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【地学】太陽の黒点ってどんなもの?
太陽の表面で黒いしみのようにみえる黒点について、正しい解説はどれでしょう。
正解

正解は 「気体の渦巻。温度が低い」

黒点が暗いのは、普通の太陽表面温度、約6,000℃に比べて黒点の温度が約4,000℃と低く、温度が低いところが暗く見える為といわれています。1日で消えるものもあれば、数ヶ月も続くものがあり、太陽の自転にともなって移動していきます。

不正解

正解は 「気体の渦巻。温度が低い」

黒点が暗いのは、普通の太陽表面温度、約6,000℃に比べて黒点の温度が約4,000℃と低く、温度が低いところが暗く見える為といわれています。1日で消えるものもあれば、数ヶ月も続くものがあり、太陽の自転にともなって移動していきます。

オススメ用語解説

プラスチックペレット

概要

プラスチックペレットとは、プラスチック原料を、加工しやすいように3~5mm程度の粒状にした素材のこと。新材、リサイクル材の両方で使用する用語である。
塩化ビニル、ポリエチレン、ポリプロピレンなど複数の素材をブレンドすることにより製品の強度や柔軟性などを調整したり、シリコーンなどの添加により滑り性などの機能を付加したりできる。
リサイクル材の場合は、ペットボトルなどの廃プラスチックを破砕、溶融し、再成型してペレットにする。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ