技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【地学】太陽の黒点ってどんなもの?
太陽の表面で黒いしみのようにみえる黒点について、正しい解説はどれでしょう。
正解

正解は 「気体の渦巻。温度が低い」

黒点が暗いのは、普通の太陽表面温度、約6,000℃に比べて黒点の温度が約4,000℃と低く、温度が低いところが暗く見える為といわれています。1日で消えるものもあれば、数ヶ月も続くものがあり、太陽の自転にともなって移動していきます。

不正解

正解は 「気体の渦巻。温度が低い」

黒点が暗いのは、普通の太陽表面温度、約6,000℃に比べて黒点の温度が約4,000℃と低く、温度が低いところが暗く見える為といわれています。1日で消えるものもあれば、数ヶ月も続くものがあり、太陽の自転にともなって移動していきます。

オススメ用語解説

粉体搬送

概要

粉体搬送とは、粉粒体を任意の場所まで移送すること。搬送方式にはエアーの力を使った吸引式と圧縮空気式、機械を使うスクリュー式、パイプ式、バケット式コンベヤなどがあり、粉体の大きさ・粘性など特性、用途によって使い分ける必要がある。

■吸引式
代表例としては真空ポンプを使ったバキュームコンベヤがある。エアーを吸引する力で粉体を移送する。
異物混入や粉塵の心配がないのが特徴。

■圧縮空気式
粉体を入れたタンクを密閉して圧縮空気を入れ、供給先との圧力差を利用して移送する。
高品位輸送が可能で、粉体の破損が少ない。

■スクリュー式
搬送管の中にあるスクリューが回転することで粉体を移送する。
スクリューにはリボン式・パドル式がある。粘性の高い粉体、磨耗・破砕しやすい粉体には適さない。

パイプ式
パイプの中を通したチェーンに取付けた円形状の鋼板で粉体を掻き出しながら搬送する。
直線だけでなく3次元での設置・搬送が可能。

■ピボティングコンベヤ(バケットコンベヤ) 
バケットの中に粉体を搭載して移送するので、出口まで原形を損なう心配がなく、
壊れやすい粉体や顆粒に適している。米やコーヒー、化学調味料といった食品のほか、化学薬品等での粉体搬送にも使われる。

・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

<水処理装置・環境機器の提案・販売> ●純水装置、超純水装置 ●ろ過装置、軟化装置 ●排水設備、リサイクル設備 ●ボイラー、冷却塔 ...
オスモ

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ