技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【地学】太陽の黒点ってどんなもの?
太陽の表面で黒いしみのようにみえる黒点について、正しい解説はどれでしょう。
正解

正解は 「気体の渦巻。温度が低い」

黒点が暗いのは、普通の太陽表面温度、約6,000℃に比べて黒点の温度が約4,000℃と低く、温度が低いところが暗く見える為といわれています。1日で消えるものもあれば、数ヶ月も続くものがあり、太陽の自転にともなって移動していきます。

不正解

正解は 「気体の渦巻。温度が低い」

黒点が暗いのは、普通の太陽表面温度、約6,000℃に比べて黒点の温度が約4,000℃と低く、温度が低いところが暗く見える為といわれています。1日で消えるものもあれば、数ヶ月も続くものがあり、太陽の自転にともなって移動していきます。

オススメ用語解説

タップ

概要

タップとは、穴の奥へ回転しながらねじり込んでいくことで、穴の内側に雌ねじを切る際に使用される主に高速度工具鋼を材料とする工具の総称である。タップは、フライスや放電加工に比べ比較的容易に雌ねじの加工が可能である。タップは主に溝の形状によって分類され、ストレート溝であるハンドタップや螺旋状の溝のスパイラルタップなどがある。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

特殊ボルトによる金属亀裂補修 特殊プレートによる金属亀裂補修 破損雌ねじ補修・再生 設備機械の補強
日之出水道機器

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ