技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【地学】南半球の星空の中心、南天にある星座は?
私たちが暮らす北半球の星は、北極星を中心に反時計回りに回って見えます。これと同じように、南半球の星空は南天を中心に回っています。 そこで問題、北天にあるのは北極星を擁するこぐま座ですが、南天にあるのは何座でしょう?
正解

正解は 「はちぶんぎ座」

南天は「はちぶんぎ座」の中にあり、北極星のように目立った星ありません。南の道標とされる南十字星(南十字座)は、実は赤緯-60度。日本でも見ることができる場所があります(北極星は赤緯89度)。また、はくちょう座は北半球の星座です。

不正解

正解は 「はちぶんぎ座」

南天は「はちぶんぎ座」の中にあり、北極星のように目立った星ありません。南の道標とされる南十字星(南十字座)は、実は赤緯-60度。日本でも見ることができる場所があります(北極星は赤緯89度)。また、はくちょう座は北半球の星座です。

オススメ用語解説

光学センサ

概要

光学センサとは、人間の目で見ることができる可視光線と、それより波長の長い近赤外線や短波長赤外線、熱赤外線領域までの光をレンズで集め、対象物の形状などを画像データとして取得する受動型センサのこと。人間の目やデジタルカメラと同様の構造と機能を持ち、レンズなど光学系が光を集め、検出系の上に結像し、色や形を得る。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

○電気電子機器の製造販売
米子シンコー

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ