技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【地学】『マグニチュード』で表される地震の規模以外のものは?
地震の規模をしめる「マグニチュード」。同じ言葉ですが、全く別の単位で使われています。それは何でしょうか?
正解

正解は 「星の等級」

マグニチュード(magnitude)は日本語では「規模」と訳されますが、地震の規模のほかに星の等級にも使われています。ただ、地震のマグニチュードが1違えばエネルギーは約32倍であるのに対し、等級が1違ってもその違いは2.512倍です。ちなみに馬の座高の単位は「hand」(1hand=約10.16cm)。また、マグニチュードという通貨はありません。

不正解

正解は 「星の等級」

マグニチュード(magnitude)は日本語では「規模」と訳されますが、地震の規模のほかに星の等級にも使われています。ただ、地震のマグニチュードが1違えばエネルギーは約32倍であるのに対し、等級が1違ってもその違いは2.512倍です。ちなみに馬の座高の単位は「hand」(1hand=約10.16cm)。また、マグニチュードという通貨はありません。

オススメ用語解説

画像入力ボード

概要

画像入力ボードとは、画像(動画、ビデオ信号)の入力機能を備えた専用の組込用ボードのこと。ビデオキャプチャ(video capture)ボード、フレームグラバ(frame grabber)とも呼ばれ、通常の画像入力用から、超高速・リアルタイムの画像取込みに対応した機種まである。
ビデオ信号入力部(特に高速な場合はCameraLink)と、フレームバッファ/メモリなどで構成し、マシンビジョン分野の各種ラインスキャンカメラやエリアカメラを接続できる。取込んだ画像は、画像処理ボードやパソコンなどで処理する。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ