技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【地学】『マグニチュード』で表される地震の規模以外のものは?

地震の規模をしめる「マグニチュード」。同じ言葉ですが、全く別の単位で使われています。それは何でしょうか?
正解

正解は 「星の等級」

マグニチュード(magnitude)は日本語では「規模」と訳されますが、地震の規模のほかに星の等級にも使われています。ただ、地震のマグニチュードが1違えばエネルギーは約32倍であるのに対し、等級が1違ってもその違いは2.512倍です。ちなみに馬の座高の単位は「hand」(1hand=約10.16cm)。また、マグニチュードという通貨はありません。

不正解

正解は 「星の等級」

マグニチュード(magnitude)は日本語では「規模」と訳されますが、地震の規模のほかに星の等級にも使われています。ただ、地震のマグニチュードが1違えばエネルギーは約32倍であるのに対し、等級が1違ってもその違いは2.512倍です。ちなみに馬の座高の単位は「hand」(1hand=約10.16cm)。また、マグニチュードという通貨はありません。

オススメ用語解説

LED点灯検査

概要

LED点灯検査とは、LEDの点灯の良否を検査・判定すること。静的な外観検査と異なり、複数個のLEDを搭載した基板(LEDパネル、LEDバックライトなど)の点灯パターンを正確・高速に検査する場合には、目視検査では困難で、カメラと画像処理を組合せたマシンビジョンが必要になる。多点同時点灯や、複雑な点灯パターンを検査するほか、LEDの色、明るさ(輝度)などを同時に判定する場合もある。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

電磁式ダイアフラムエアーポンプ製造販売・電動機製造
テクノ高槻

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ