技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【地学】『マグニチュード』で表される地震の規模以外のものは?

地震の規模をしめる「マグニチュード」。同じ言葉ですが、全く別の単位で使われています。それは何でしょうか?
正解

正解は 「星の等級」

マグニチュード(magnitude)は日本語では「規模」と訳されますが、地震の規模のほかに星の等級にも使われています。ただ、地震のマグニチュードが1違えばエネルギーは約32倍であるのに対し、等級が1違ってもその違いは2.512倍です。ちなみに馬の座高の単位は「hand」(1hand=約10.16cm)。また、マグニチュードという通貨はありません。

不正解

正解は 「星の等級」

マグニチュード(magnitude)は日本語では「規模」と訳されますが、地震の規模のほかに星の等級にも使われています。ただ、地震のマグニチュードが1違えばエネルギーは約32倍であるのに対し、等級が1違ってもその違いは2.512倍です。ちなみに馬の座高の単位は「hand」(1hand=約10.16cm)。また、マグニチュードという通貨はありません。

オススメ用語解説

フレックス燃料車

概要

ガソリンまたはエタノールをエネルギーとして走行できる車のこと。ガソリン単体でもエタノール単体でも、ガソリンとエタノールの混合液でも混合比率に関係なく走行が可能。オイルショックの問題からブラジルでは国策としてガソリンスタンドでのバイオエタノール燃料の販売を義務化。エタノールに対応したフレックス燃料車の販売普及率は77.5%といわれている。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

冷間圧造部品の製造・販売
マツダ

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ