技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【地学】天気が「曇り」になるのは、雲が空のどれくらいを覆ったとき?
「晴れ」の定義にも国際的な基準があります。空を8分割し、その雲量で晴れか曇りかが決まります。そこで問題。次のうち『曇り』とされる雲の量はどれでしょう?
正解

正解は 「空の7/8以上 」

国際的には雲量が7/8以上の場合に初めて『曇り』となり、それ以下は『晴れ』』です。ちなみに日本の基準では9/10以上で曇り。したがって雲量が71/80の場合、厳密には国際基準では曇り、日本基準では晴れとなります。

不正解

正解は 「空の7/8以上 」

国際的には雲量が7/8以上の場合に初めて『曇り』となり、それ以下は『晴れ』』です。ちなみに日本の基準では9/10以上で曇り。したがって雲量が71/80の場合、厳密には国際基準では曇り、日本基準では晴れとなります。

オススメ用語解説

コレステリック液晶

概要

コレステリック液晶とは、液晶材料の1つ。電力を加えずに、光を透過する状態(フォーカルコニック状態)と反射する状態(プレーナ状態)で安定できる『双安定性』という特徴を持つ。コレステリック液晶の材料はネマチック液晶にカイラル剤と呼ばれる添加剤を加え、旋光性を持たせて作成する。分子構造がコレステロールに似ていることから、コレステリック液晶と呼ばれる。またカイラルネマチック液晶(CN液晶)と呼ばれることもある。
メモリ性のある特性により、電源を落としても表示が消えない、低消費電力が可能になり、電子ペーパーの表示技術として注目を集めている。また、温度によって分子の長さが変わり、反射する光の波長が変わるので寒暖計として利用されたり、見る方向によって反射光の色が変わる特性により玉虫色の塗料として使われることもある。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

再生可能エネルギーの水素製造装置とイオン交換膜電解槽の設計、物作り、メンテナンス
イープラン

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ