技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【地学】天気が「曇り」になるのは、雲が空のどれくらいを覆ったとき?

「晴れ」の定義にも国際的な基準があります。空を8分割し、その雲量で晴れか曇りかが決まります。そこで問題。次のうち『曇り』とされる雲の量はどれでしょう?
正解

正解は 「空の7/8以上 」

国際的には雲量が7/8以上の場合に初めて『曇り』となり、それ以下は『晴れ』』です。ちなみに日本の基準では9/10以上で曇り。したがって雲量が71/80の場合、厳密には国際基準では曇り、日本基準では晴れとなります。

不正解

正解は 「空の7/8以上 」

国際的には雲量が7/8以上の場合に初めて『曇り』となり、それ以下は『晴れ』』です。ちなみに日本の基準では9/10以上で曇り。したがって雲量が71/80の場合、厳密には国際基準では曇り、日本基準では晴れとなります。

オススメ用語解説

ガスフィルター

概要

ガスフィルターとは、ガス中の固形物や油分、水分等の不純物を除去する装置のこと。捕集方式は、メッシュを使うもの、化学的反応により吸着するものなどがある。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

長年培ってきたIQ Groupのセンシング技術とワイヤレス技術にLED応用技術を融合させ、「安全、安心、省エネ、快適」をキーワードに、あらた...
アイキュージャパン

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ