技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【地学】流れ星を宇宙ステーションから見るとどこに見える?
「流れ星は見上げるもの」というのは当然、地上での話。この流れ星を現在建設が進む宇宙ステーションで見たら、一体どこに見えるでしょうか?
正解

正解は 「(下)地球の方向に見える」

宇宙ステーションの建設が進むのは高度300~400km。これに対し、流れ星が光り輝くのはおおむね地上100km。従って宇宙ステーションからは、流れ星が下(地球側)に見えます。なお、コンコルドからであれば上に(高度1.8km)、天気などを伝える静止衛星からはすごく下に(高度36000km)見えます。

不正解

正解は 「(下)地球の方向に見える」

宇宙ステーションの建設が進むのは高度300~400km。これに対し、流れ星が光り輝くのはおおむね地上100km。従って宇宙ステーションからは、流れ星が下(地球側)に見えます。なお、コンコルドからであれば上に(高度1.8km)、天気などを伝える静止衛星からはすごく下に(高度36000km)見えます。

オススメ用語解説

変調電磁場式水処理装置

概要

変調電磁場式水処理装置とは、配管の外側から交流電磁場を加える方式を採用した水処理装置の一種。交流電磁場の周波数は10kHz~数10kHzと高周波ではなく、薬剤を使わずに、配管のスケール防止、防錆などが行える。クーリングタワー冷却水ボイラー、各種熱交換器、温泉水などに対応する。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

特殊エンジニアリングプラスチック特にフッ素樹脂、ポリイミド、PPS等を機器、部品等に焼き付け処理することによりその機器、部品の問題点を解決し...
日本フッソ工業

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ