技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【地学】流れ星を宇宙ステーションから見るとどこに見える?
「流れ星は見上げるもの」というのは当然、地上での話。この流れ星を現在建設が進む宇宙ステーションで見たら、一体どこに見えるでしょうか?
正解

正解は 「(下)地球の方向に見える」

宇宙ステーションの建設が進むのは高度300~400km。これに対し、流れ星が光り輝くのはおおむね地上100km。従って宇宙ステーションからは、流れ星が下(地球側)に見えます。なお、コンコルドからであれば上に(高度1.8km)、天気などを伝える静止衛星からはすごく下に(高度36000km)見えます。

不正解

正解は 「(下)地球の方向に見える」

宇宙ステーションの建設が進むのは高度300~400km。これに対し、流れ星が光り輝くのはおおむね地上100km。従って宇宙ステーションからは、流れ星が下(地球側)に見えます。なお、コンコルドからであれば上に(高度1.8km)、天気などを伝える静止衛星からはすごく下に(高度36000km)見えます。

オススメ用語解説

フレキシブルカップリング

概要

フレキシブルカップリングとは、回転する軸を締結するカップリングの一種で、振れや偏芯を吸収するタイプの製品こと。軸の接合時には正確な芯出しが必要だが、これを解消するため、軸受けに柔軟性をもたせ、多少のズレを吸収できるようにしたもの。たわみ軸受とも呼ぶ。同様の機能をもつ製品に、ハブの突起とスライダの溝との嵌合部が滑ることで偏芯を吸収するオルダム継手がある。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

CAD/CAM/CAE関連プロダクトの開発販売事業(CADSUPERシリーズ他) 3Dプリンタ関連製品販売及び、造形サービス事業 ソフト...
アンドール

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ