技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【地学】流れ星を宇宙ステーションから見るとどこに見える?

「流れ星は見上げるもの」というのは当然、地上での話。この流れ星を現在建設が進む宇宙ステーションで見たら、一体どこに見えるでしょうか?
正解

正解は 「(下)地球の方向に見える」

宇宙ステーションの建設が進むのは高度300~400km。これに対し、流れ星が光り輝くのはおおむね地上100km。従って宇宙ステーションからは、流れ星が下(地球側)に見えます。なお、コンコルドからであれば上に(高度1.8km)、天気などを伝える静止衛星からはすごく下に(高度36000km)見えます。

不正解

正解は 「(下)地球の方向に見える」

宇宙ステーションの建設が進むのは高度300~400km。これに対し、流れ星が光り輝くのはおおむね地上100km。従って宇宙ステーションからは、流れ星が下(地球側)に見えます。なお、コンコルドからであれば上に(高度1.8km)、天気などを伝える静止衛星からはすごく下に(高度36000km)見えます。

オススメ用語解説

圧力計

概要

圧力計とは、気体や液体の圧力を測定する装置の総称である。圧力計は、マノメーターのような大気圧近くの圧力を測定する気圧計と、それよりも低い圧力を測定する真空計に大きく分類することができ、加えて測定する圧力が絶対圧なのかゲージ圧なのかによっても分類可能である。圧力計が組み込まれた装置としては、血圧計や気圧計、高度計、自動車の吸気圧力計などがあり医療から工業分野まで幅広い分野に利用されている。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

各種工業用精密部品製造並びに加工販売 プラスチック成型品製造並びに切削加工販売 ロボット企画設計製作販売並びに部品加工 重量既設物用器...
出雲

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ