技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【地学】流れ星を宇宙ステーションから見るとどこに見える?

「流れ星は見上げるもの」というのは当然、地上での話。この流れ星を現在建設が進む宇宙ステーションで見たら、一体どこに見えるでしょうか?
正解

正解は 「(下)地球の方向に見える」

宇宙ステーションの建設が進むのは高度300~400km。これに対し、流れ星が光り輝くのはおおむね地上100km。従って宇宙ステーションからは、流れ星が下(地球側)に見えます。なお、コンコルドからであれば上に(高度1.8km)、天気などを伝える静止衛星からはすごく下に(高度36000km)見えます。

不正解

正解は 「(下)地球の方向に見える」

宇宙ステーションの建設が進むのは高度300~400km。これに対し、流れ星が光り輝くのはおおむね地上100km。従って宇宙ステーションからは、流れ星が下(地球側)に見えます。なお、コンコルドからであれば上に(高度1.8km)、天気などを伝える静止衛星からはすごく下に(高度36000km)見えます。

オススメ用語解説

非破壊検査

概要

非破壊検査(NDI: Non destructive Inspection, NDT: Non destructive Testing) とは、検査物を物理的に破壊しないで、内部や表面の微小な欠陥を検出する検査方法のこと。
X線やガンマ線を用いた放射線透過検査、超音波探傷検査、渦流探傷試験、磁粉探傷検査、サーモグラフィ検査などさまざまな種類がある。

・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

■化成品の製造、販売とその応用品販売 ■紙製品の製造、販売と、その製品の製造プラントの設計製作 ■紙製品とその応用商品開発および包装設計...
日本化工機材

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ