技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【地学】流れ星を宇宙ステーションから見るとどこに見える?

「流れ星は見上げるもの」というのは当然、地上での話。この流れ星を現在建設が進む宇宙ステーションで見たら、一体どこに見えるでしょうか?
正解

正解は 「(下)地球の方向に見える」

宇宙ステーションの建設が進むのは高度300~400km。これに対し、流れ星が光り輝くのはおおむね地上100km。従って宇宙ステーションからは、流れ星が下(地球側)に見えます。なお、コンコルドからであれば上に(高度1.8km)、天気などを伝える静止衛星からはすごく下に(高度36000km)見えます。

不正解

正解は 「(下)地球の方向に見える」

宇宙ステーションの建設が進むのは高度300~400km。これに対し、流れ星が光り輝くのはおおむね地上100km。従って宇宙ステーションからは、流れ星が下(地球側)に見えます。なお、コンコルドからであれば上に(高度1.8km)、天気などを伝える静止衛星からはすごく下に(高度36000km)見えます。

オススメ用語解説

無人化生産ライン

概要

無人化生産ラインとは、ロボット導入などによる自動化を進め、作業者をゼロにした生産ラインのこと。製品のハンドリングと、加工・処理・検査を行う自動機、副資材やトレイなどの供給を行うロボット、センサ類、制御系などで構成する。無人化によって人手不足の解消や、24時間稼動、人為的ミスの解消、衛生性・クリーン性の確保(特に食品製造や半導体製造)などが可能である。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

【営業品目】 電源トランス、スイッチングトランス、カレントトランス(CT)、トロイダルトランス、インピーダンスマッチングトランス、信号用ト...
加美電子工業

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ