技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【生物】どじょうのエラ呼吸以外の呼吸法は?
魚はエラ呼吸、人間は肺呼吸、ミミズは皮膚呼吸など、さまざまな呼吸法が存在しますね。『どじょう』は魚と一緒でエラ呼吸を行いますが、それ以外の呼吸法も備えています。さて、それは一体何呼吸でしょうか?
正解

正解は 「腸呼吸」

どじょうは水面に顔を出して口を開け、空気を腸に取り込んで呼吸をしています。したがって、水中のどじょうをじっと見ているとお腹から泡が出ているのがわかります。空気中でも呼吸ができるので、水がわずかな泥沼のようなところでも生きることができます。

不正解

正解は 「腸呼吸」

どじょうは水面に顔を出して口を開け、空気を腸に取り込んで呼吸をしています。したがって、水中のどじょうをじっと見ているとお腹から泡が出ているのがわかります。空気中でも呼吸ができるので、水がわずかな泥沼のようなところでも生きることができます。

オススメ用語解説

プラズマ表面処理装置

概要

プラズマ表面処理装置とは、高温のプラズマにより気体分子を解離してイオン化し、これをターゲット材に衝突させることで表面の性質を変化させる装置のこと。元来はイオンの化学反応を用い、表面の有機系汚れを除去するのが目的であった。その後、ガスの性質により、基材に親水性接着剤との親和性を付加したり、反対に撥水性を追加したりできることが判明し、加工技術として発展した。
ポリマを形成する、金属表面に窒素や炭素を浸入させて耐摩耗性を向上する、などの応用も開発されている。

・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

◆高圧ガスシステムの製造販売 ◆窒素発生装置の製造販売 ◆バイオ関連機器製造販売 ◆DNAチップの製造販売
カケンジェネックス

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ