技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【地学】水星探査機メッセンジャーの航行距離は?
水星探査機メッセンジャー。地球から水星までは最短で1億kmという長い旅になりますが、周回軌道に入るまでにはより多くの距離を航行することになります。 そこで問題。メッセンジャーが周回軌道に入るまでに要する航行距離はどれだけでしょう?
正解

正解は 「約 80億km」

水星の周回軌道へ向かう航路は直線ではありません。太陽の回りをぐるぐる回りながら地球や金星などの重力を利用して加速しながら向かいます。さらに水星の近くに接近した後も水星自身の重力を利用して加速していきます。水星は公転速度が速く、追いつくために加速する必要があるからです。ちなみに80億kmといえば、直線だと冥王星の先まで行けてしまう距離。水星の周回軌道に入るまでには、太陽の周囲を10回ほど回ることになります。

不正解

正解は 「約 80億km」

水星の周回軌道へ向かう航路は直線ではありません。太陽の回りをぐるぐる回りながら地球や金星などの重力を利用して加速しながら向かいます。さらに水星の近くに接近した後も水星自身の重力を利用して加速していきます。水星は公転速度が速く、追いつくために加速する必要があるからです。ちなみに80億kmといえば、直線だと冥王星の先まで行けてしまう距離。水星の周回軌道に入るまでには、太陽の周囲を10回ほど回ることになります。

オススメ用語解説

スプリング荷重式PTFEシール

概要

スプリング荷重式PTFEシールとは、フッ素樹脂のPTFEとスプリングを組合せたシールのこと。PTFE製Oリング中に耐食性金属などのスプリングを組込んだ構造のためシール性に優れ、信頼性が高い。低摩擦・低摩耗で、耐薬品性、耐熱性も備える。燃料配管や油圧ラインなどに用いられている。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ