技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【地学】夏至の昼の長さ。札幌と那覇ではどちらが長い?
1年で最も昼の時間が長くなる『夏至』。ところで、夏至の札幌と那覇では昼の時間はどのように違うでしょうか?
正解

正解は 「札幌のほうが長い」

北半球では、春分から秋分までの間は緯度が高い(北)ほど昼間の時間が長くなります。夏至の札幌の昼は、那覇より1時間半ほど長くなっています。夏の間は北に行くほど昼が長くなり、高緯度の地域では白夜になります。また、赤道上の昼の長さは年中12時間ほどです。ちなみに冬至には、逆に那覇のほうが札幌より1時間半ほど昼間が長くなります。

不正解

正解は 「札幌のほうが長い」

北半球では、春分から秋分までの間は緯度が高い(北)ほど昼間の時間が長くなります。夏至の札幌の昼は、那覇より1時間半ほど長くなっています。夏の間は北に行くほど昼が長くなり、高緯度の地域では白夜になります。また、赤道上の昼の長さは年中12時間ほどです。ちなみに冬至には、逆に那覇のほうが札幌より1時間半ほど昼間が長くなります。

オススメ用語解説

製函機

概要

製函機(ケースフォーマー)とは、段ボールを成形し段ボール箱を作る、製函作業を行う機械である。製函機では、まず段ボールシートに印刷及び溝入れを行い、その後組み立て及び接着を行う。製函機は、必要とされる処理能力や設置スペース、接着方法などによって分類できる。設置スペースでは横型と縦型の分類が、接着方法に関しては、粘着テープ、ホットメルト、ガム、ステープルなどの分類が可能である。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ