技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【生物】満開のヒマワリが必ず向いている、ある方向は?
『ヒマワリは太陽のほうを向く』と思われている方も多いと思いますが、実はこれは成長している時だけの話。満開のヒマワリの向きは、必ずある方向を向いています。それはどちらの方向でしょうか?
正解

正解は 「東」

ヒマワリは日の出になると東を向きます。その後、太陽の動きに合わせて首を振りますが、この動きは成長するにつれ小さくなります。そしてつぼみができ、満開になる頃には東を向いたまま向きが固定されます。花が東を向く理由には諸説あるようですが、夜露を早く乾かし、受粉に最適な状態をいち早く作ることなどが挙げられています。

不正解

正解は 「東」

ヒマワリは日の出になると東を向きます。その後、太陽の動きに合わせて首を振りますが、この動きは成長するにつれ小さくなります。そしてつぼみができ、満開になる頃には東を向いたまま向きが固定されます。花が東を向く理由には諸説あるようですが、夜露を早く乾かし、受粉に最適な状態をいち早く作ることなどが挙げられています。

オススメ用語解説

量子型赤外線センサ

概要

量子型赤外線センサとは、光エネルギーによって起こる電気現象を検知する赤外線センサの一つ。検出感度が高く、応答速度に優れ、熱型赤外線センサより1001000倍の検出能力を持つが、動作温度が低いために冷却する必要がある。主な量子型赤外線センサにはフォトダイオードやフォトトランジスタ、フォトICなどがある。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ