技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【地学】台風の上陸数が日本一の県は?
『台風が上陸』となるといやが上にも緊張感が高まりますが、台風の上陸数が過去20年で一番多い都道府県は一体どこでしょうか?
正解

正解は 「鹿児島県」

台風の上陸数は1位から順に鹿児島、高知、和歌山。沖縄への台風の上陸数はゼロです。これは『上陸』の定義によります。気象用語で言うところの『台風の上陸』とは台風の中心が北海道・本州・四国・九州に達した時のこととを言います。したがって、沖縄や諸島などは台風が通過するだけで、上陸とは言いません。

不正解

正解は 「鹿児島県」

台風の上陸数は1位から順に鹿児島、高知、和歌山。沖縄への台風の上陸数はゼロです。これは『上陸』の定義によります。気象用語で言うところの『台風の上陸』とは台風の中心が北海道・本州・四国・九州に達した時のこととを言います。したがって、沖縄や諸島などは台風が通過するだけで、上陸とは言いません。

オススメ用語解説

赤外線センサ

概要

赤外線センサとは、赤外領域の光を受光し電気信号に変換して, 必要な情報を取り出して応用する技術。人間の視覚を刺激しないでものを見られる、対象物の温度を遠くから非接触で瞬時に測定できる特徴を持つ。
素子温度の上昇によって変化する電気的性質を検知する熱型赤外線センサと、光エネルギーによって起こる電気現象を検知する量子型赤外線センサの2種類がある。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ