技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【生物】都会でたまに見かけるアブラコウモリ。その体重は?
鳥類と間違いやすい哺乳類といえば、コウモリ。世界で1000種近くが確認され、哺乳類の種の約4分の1を占めています。日本の街中でもたまに見かける小さなコウモリがいますが、その多くはアブラコウモリです。片手でつかめるくらいの大きさのこのコウモリ、その重さはどれくらいでしょうか?
正解

正解は 「1円玉6枚分」

アブラコウモリの体重は5~10gほど。1円玉5~10枚程度です。 コウモリの体重は空を飛ぶためにとても軽くなっています。コウモリが逆さにぶら下がるのは、足の筋肉を削ってまで体重を軽くしたため、立って体を支えることができないためです。

不正解

正解は 「1円玉6枚分」

アブラコウモリの体重は5~10gほど。1円玉5~10枚程度です。 コウモリの体重は空を飛ぶためにとても軽くなっています。コウモリが逆さにぶら下がるのは、足の筋肉を削ってまで体重を軽くしたため、立って体を支えることができないためです。

オススメ用語解説

発熱体

概要

発熱体とは、ヒーターの一種で、それ自体が熱を発生するものの総称。電気的な場合はジュール熱を用いた抵抗発熱体があり、発熱媒体としては銅、ニクロムなどの金属や、カーボン、セラミックなどがある。金属線を用いるタイプは柔軟性があり、配管に巻付けて用いることもできる。セラミックはプレート状で、筐体に差込んだり、加熱するものを上に載せて用いることが多い。
外部から加えられた熱を蓄積する場合は蓄熱体である。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ