技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【生物】都会でたまに見かけるアブラコウモリ。その体重は?
鳥類と間違いやすい哺乳類といえば、コウモリ。世界で1000種近くが確認され、哺乳類の種の約4分の1を占めています。日本の街中でもたまに見かける小さなコウモリがいますが、その多くはアブラコウモリです。片手でつかめるくらいの大きさのこのコウモリ、その重さはどれくらいでしょうか?
正解

正解は 「1円玉6枚分」

アブラコウモリの体重は5~10gほど。1円玉5~10枚程度です。 コウモリの体重は空を飛ぶためにとても軽くなっています。コウモリが逆さにぶら下がるのは、足の筋肉を削ってまで体重を軽くしたため、立って体を支えることができないためです。

不正解

正解は 「1円玉6枚分」

アブラコウモリの体重は5~10gほど。1円玉5~10枚程度です。 コウモリの体重は空を飛ぶためにとても軽くなっています。コウモリが逆さにぶら下がるのは、足の筋肉を削ってまで体重を軽くしたため、立って体を支えることができないためです。

オススメ用語解説

金属空気電池

概要

金属空気電池とは、正極活物質として空気中の酸素、負極活物質として金属を利用した電池の一種。従来の電池は、正極、負極の活物質を合わせた重量になっているが、金属空気電池の場合、正極が空気なので、重量はほとんど負極活物質だけとなり、非常に高いエネルギー密度を実現できる。現在、負極に亜鉛を用いたものが最も実用化が進んでおり、リチウム、アルミニウム、マグネシウムなどの金属を使うタイプの電池の研究も進んでいる。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ