技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【生物】都会でたまに見かけるアブラコウモリ。その体重は?
鳥類と間違いやすい哺乳類といえば、コウモリ。世界で1000種近くが確認され、哺乳類の種の約4分の1を占めています。日本の街中でもたまに見かける小さなコウモリがいますが、その多くはアブラコウモリです。片手でつかめるくらいの大きさのこのコウモリ、その重さはどれくらいでしょうか?
正解

正解は 「1円玉6枚分」

アブラコウモリの体重は5~10gほど。1円玉5~10枚程度です。 コウモリの体重は空を飛ぶためにとても軽くなっています。コウモリが逆さにぶら下がるのは、足の筋肉を削ってまで体重を軽くしたため、立って体を支えることができないためです。

不正解

正解は 「1円玉6枚分」

アブラコウモリの体重は5~10gほど。1円玉5~10枚程度です。 コウモリの体重は空を飛ぶためにとても軽くなっています。コウモリが逆さにぶら下がるのは、足の筋肉を削ってまで体重を軽くしたため、立って体を支えることができないためです。

オススメ用語解説

画像認識

概要

画像認識とは、対象物が映っている画像から、対象物の特徴(形状、寸法、数、明暗、色など)を抽出、分析、識別して、対象物が何であるかを認識すること。人間が目と頭脳で瞬時に行っていることを代行するもので、工業・物流用途では目視検査の代替として製品の欠陥検査、部品の選別、文字の認識、基板への部品の自動実装の位置合せなどに利用されている。

・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ