技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

はんだ付け

よみ ハンダヅケ
英 soldering
概要 はんだ付けとは、溶接の一種で、はんだ(ハンダ、半田も同義)を用いて金属同士を接合すること。機械的な接合が主目的のろう付けとは異なり、はんだ付けの多くは電子部品などの電気的な接続、配線のために行われる。
手作業する場合には、はんだごてを使用する。プリント基板はんだ付けには、バッチ式またはコンベア式の自動はんだ付け装置があり、フローはんだ付けリフローはんだ付けに分かれる。また、はんだ付けロボットや、レーザー式、超音波式のはんだ付け装置もある。

はんだ付けといえばこの会社

はんだ付け周辺機器の設計開発、製造、販売、輸出 ・はんだ付け自動機のFA、治具設計開発、製造、販売、輸出 ・はんだ...
はんだ付けの会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【物理】手で触ると最も冷たく感じるのは?
  1. プラチナ
  2. ダイヤモンド

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ