技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

ばね用ステンレス鋼線

よみ バネヨウステンレスコウセン
英 spring
概要 ばね用ステンレス鋼線とは、ばね用に利用されるステンレス鋼線のこと。耐食性や耐疲労性、大きな高温強度、非磁性または磁性が特長。オーステナイト系ステンレス鋼がばね材として使われる例が最も多い。
ばね用ステンレス鋼線は分けてオーステナイト系と析出硬化系の2種類に分けられる。オーステナイト系はばね用ステンレス鋼線として最も利用されているSUS304のほか、耐食性が良好で加工率によって弱磁性をおびるSUS302、非磁性と耐食性に優れたSUS316などがある。析出硬化系は高弾性、耐食性に優れるSUS631などがある。

ばね用ステンレス鋼線といえばこの会社

あらゆるばね材料の販売及び材料加工を行います。 ◆金属材料の販売 ◇加工機器・周辺機器の販売 ●加工受託 ○...
○精密ばね用ステンレス鋼線の製造 ○ピアノ線・硬鋼線の極細線製造 ○光部品用高精度線製造 ○各種合金線の真直加工
ばね用ステンレス鋼線の会社を探す

関連するキーワードの製品を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【生物】ミミズの皮膚呼吸の割合は?
  1. 0%
  2. 50%
  3. 100%

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ