技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

アニール炉

よみ アニールロ
英 annealing oven
概要 アニール炉とは、焼鈍(アニール)工程を行う装置のこと。熱加工によって生じたひずみを除去し、再結晶化や界面改質を行うのが目的で、エンプラやガラス製品、半導体、電子部品などの製造に用いる。
加熱はシーズヒーター赤外線ヒーター、遠赤外線ヒーターなどで行い、高温アニール用、低温アニール用、真空アニール用、水素アニール用、連続式(コンベア搬送)などの種類がある。

アニール炉といえばこの会社

・半導体及び各種電子部品製造用電気炉、熱処理装置の開発、設計、製造、販売、保守 ・小型縦型拡散炉、横型拡散炉の設計、製...
アニール炉の会社を探す

関連するキーワードの製品を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【地学】野口聡一宇宙飛行士が長期滞在した宇宙ステーションの居住空間の広さは山手線でいうと?
  1. 2車輌分
  2. 8車輌分
  3. 16車輌分

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ