技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

エアバリア方式

よみ エアバリアホウシキ
英 air barrier
概要 エアバリア方式とは、ペリメータゾーンと呼ばれる建物の窓際部分に空気の流れを作り、外部からの熱や寒さの影響をやわらげる方式のこと。特に熱の出入りが大きい窓ガラスを全面に使ったビルでは、空調の負荷が大きくなりかつ偏るため、その対策として開発されてきた。
一般的なエアバリア方式では、窓下部に設置したファンから室内の空気を吹出し、ブラインドボックス内のファンで空気を吸込むことで気流を作る構造で、窓ガラスに沿って空気のバリアができる。これによりガラス部の断熱性を高め、夏の直射日光や放射熱、冬の外気温、結露に対応し、快適な室内環境と省エネを実現する。
同様の考え方で出入り口部分に設置するとエアカーテンになる。

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【化学】五輪の聖火。同じ燃料なのは?
  1. カセットコンロ
  2. ガスライター
  3. 都市ガス

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ