技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

エア式バランサー

よみ エアシキバランサー
英 air balancer
概要 エア式バランサーとは、バキュームエアにより重量物をつり上げ、搬送するバランサーの一種。天井に渡したレールで移動するトロリー型、装置をカートに載せたキャスタ型、ポールとアームを組合せたクレーン型などがあり、移動範囲や重量などによって選択する。自動車のドア、ガラス板、缶、コンテナなどの固形物にも、コンテナバッグ、袋物などの柔軟物にも使用できる。
マテハン(マテリアルハンドリング)機構の一種で、他には電動クランプバランサーがある。

エア式バランサーといえばこの会社

ハンドクレーン「ラクラクハンド」の製造販売
エア式バランサーの会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【物理】地球で200ヤードのドライバー。月の場合は?
  1. 1,400ヤード(1,300m)
  2. 2,600ヤード(2,400m)
  3. 4,100ヤード(3,800m)

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ