技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

カナック処理

よみ カナックショリ
英 kanuc process
概要 カナック処理とは、窒素の拡散現象を用い、硬化層を形成する表面処理方法のこと。切削機の刃物から、精密小物部品、複雑形状の金型、深穴の中まで均一に処理でき、浸透処理のため寸法変化が微細、白層(窒化鉄)を生成しないなどの特長をもつ。特にSUS、ダイカストなどの非鉄金属に有効である。
さらに、拡散層を強化し、アルミダイカスト金型などの寿命低下原因となるクラック、かじりなどを改善できるニューカナック処理もある。

カナック処理といえばこの会社

・各種表面処理(表面改質)請負 「PVD、CVD、スパッタリング、蒸着、溶射、めっき、塗装」 ・コーティング装置販売...
カナック処理の会社を探す

関連するキーワードの製品を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【物理】暗闇の中のルビーに緑の光をあてると何色に光る?

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ