技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

カラーメータ

よみ カラーメータ
英 color meter
概要 カラーメータとは、色を数値(三刺激値)として測定する測色計のこと。メーカーによって呼び方が異なることもあるが、色彩計、色度計、色差計とほぼ同義である。分光して波長ごとに精密に分析する装置は、分光測色計と呼んで区別される。CIE(国際照明委員会)が定めた表色系の数値(xyY、L*a*b*など)を得ることにより、製品の色彩検査、色彩管理などに使用する。
なお写真の分野では、カメラのホワイトバランスを調整するために、色温度を測定する装置を指すこともある。

カラーメータといえばこの会社

環境試験機(耐候性、腐食、降雪ほか)及び、色彩測定器(測色計、色彩計、色差計、光沢計、ヘーズメーターほか)の生産、販売
カラーメータの会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【地学】地球の中心は何色?

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ