技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

サーモグラフィ

よみ サーモグラフィ
英 Thermography
概要 サーモグラフィとは、物体表面の温度を可視化する装置の総称であり、一般的には被測定物に接触しないで測定するものをいう。サーモグラフィでは、温度の4乗に比例して放出される赤外線量を測定することにより温度の測定を行っている。サーモグラフィは主に医療現場で用いられており、体表面の温度を測定することにより乳がんの検査や血行障害の検査を行うなどに用いられる。加えて、建築用として建物のタイルの浮きを測定する目的や軍用として航空機や軍用車両への搭載といった目的にも使用されている。

サーモグラフィといえばこの会社

赤外線サーモグラフィカメラのレンタル業務 赤外線サーモグラフィカメラの販売業務 赤外線サーモグラフィ装置を用いた、 ...
セミナー・講習会の実施 普及促進事業 規格・資格の制定・認証事業の検討 コンサルティング 受託・共同研究の実施 ...
サーモグラフィの会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【化学】牛乳をろ過するとどんな液体が取れる?
  1. 透明で薄味の液体
  2. 透明で牛乳味の液体
  3. 白くて薄味の液体

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ