技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

タッチスキャナ

よみ タッチスキャナ
英 touch scanner
概要 タッチスキャナとは、リニアCCDセンサで一括して読込むタッチ式のバーコード読取り装置の一種。CCDタッチスキャナと呼ぶ場合もある。「スキャナ」という言葉がつくが、機構的にはバーコードスキャナのようにレーザー光を走査するわけではない。ハンディ型の本体を手で持ち、入力部をバーコードにタッチさせるようにしてデータを読取る。
レーザー式のバーコードスキャナに比べると、導入しやすく低価格であるが、読取り幅が限定される。

タッチスキャナといえばこの会社

日栄インテック株式会社は1974年建築業界向け配管支持金具の製造・販売メーカーとして設立されました。ビル建設から住宅設備...
タッチスキャナの会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【生物】水中を最も早く泳ぐ哺乳類は?
  1. イルカ
  2. シャチ
  3. クジラ

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ