技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

ダイヤフラム式ポンプ

よみ ダイヤフラムシキポンプ
英 diaphragm pump
概要 ダイヤフラム式ポンプとは、ダイヤフラム(隔膜)の往復により吸引・吐出を行う容量式ポンプの一種。定量移送ができる、スラリー液などの粘性液にも対応できる、などの特長を備える。ダイヤフラムの駆動には主にモーターを用い、材質は耐薬品性に優れたフッ素樹脂などが用いられる。移送物の変質を抑えるために脈動を低減した機種もある。

ダイヤフラム式ポンプといえばこの会社

弊社は1967年に自動制御機器部品の販売を目的として創業しました。その後、時代の要請に応える形で流体制御機器を専門に取り...
ダイヤフラム式ポンプの会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【生物】クモの『糸』で反射できる光は?
  1. 赤外線
  2. 紫外線
  3. X線

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ