技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

ダブルダイヤフラムポンプ

よみ ダブルダイヤフラムポンプ
英 double diaphragm pump
概要 ダブルダイヤフラムポンプとは、ゴムや樹脂、金属製の薄膜を2枚備えたタイプのダイヤフラム式ポンプの一種。通常の1枚タイプ(シングル)は膜が破損するとまったく使用できなくなるため、その対策として膜を2枚備えたタイプを開発したのが始まり。油圧・空圧を直接受ける駆動膜と、接液用膜が分離した構造である。2枚のダイヤフラムを並列に並べたダブルヘッド型をダブルダイヤフラムポンプと呼ぶ場合もある。

ダブルダイヤフラムポンプといえばこの会社

各種設備機器分野(ロータリーポンプ、ダブルダイヤフラムポンプ、流量計、粉体輸送機、乳化分散機など)の販売・アフターサービ...
ダブルダイヤフラムポンプの会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【物理】金属バットの「カキーン」を抑える消音バットの仕掛け。その細工はどこに?
  1. 先端
  2. グリップ近く(手で持つところ)
  3. 金属の層の間

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ