技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

ナットランナ

よみ ナットランナ
英 nut runner
概要 ナットランナとは、ねじ、ボルトナットを自動的に締付ける装置のこと。「ねじ締めドライバ」とも呼び、一定のトルクで締込むことから、トルクレンチの一種ともいえる。モーター駆動式とエア駆動式がある。ナットランナには、締付けトルク精度、締込み過ぎによる破損防止、高速処理、繰返し精度などが求められ、これらを実現するため、位置センサや、仮締め用・本締め用のACサーボモーターを搭載している。

ナットランナといえばこの会社

★ 電動プレス(ACサーボプレス)製作 ★ ネジ締め装置(ナットランナー)製作
ナットランナの会社を探す

関連するキーワードの製品を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【物理】吊るした『きゅうり』にネオジム磁石を近づけると?
  1. 逃げる
  2. 近づく
  3. 何も起こらない

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ