技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

ハロゲンランプ

よみ ハロゲンランプ
英 halogen lamp
概要 ハロゲンランプとは、白熱電球と同じく内部のフィラメントに通電し、白熱したときの発光を利用する電球のこと。電球内部に封入する不活性ガスにハロゲン元素(主にヨウ素や臭素など)を微量に導入することからハロゲンランプと呼ばれる。
フィラメントは通常の白熱電球と同様にタングステンが使われるが、ハロゲンランプの場合、タングステンが昇華した後もハロゲンと化学反応を繰返し再度タングステンがフィラメントに戻る“ハロゲンサイクル”という反応を起こす。このため通常の白熱電球のようにタングステンがガラスに付着して黒化して光を減衰させることなく、白熱電球よりも明るく長寿命を可能にしている。ハロゲンランプは非常に高温になることからガラス部には石英が使われる。
ハロゲンランプは店舗や自動車、懐中電灯などに使われ、片口金型、ミラー付、両口金型などの種類がある。

ハロゲンランプといえばこの会社

ステアタイト磁器・コージライト磁器・アルミナ磁器 ハロゲンランプ用各種ベース ハロゲンランプ用各種ソケット HIDラ...
ハロゲンランプの会社を探す

関連するキーワードの製品を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ