技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

マイクロスコープ

ヨミ
マイクロスコープ
microscope
概要
マイクロスコープとは、パソコンやTVの画面上に拡大画像を表示する装置のこと。英語の“microscope”は顕微鏡の意味であるが、工業・科学分野においてカナで「マイクロスコープ」というと、高画素のカラーカメラと照明、各種倍率のレンズ、接続ケーブルなどを備えた拡大表示装置のことを指す。被写界深度が深く3D表示ができる、複数の人間が同時に観察できる、パソコンでの画像処理が容易などの特長があり、色ムラ、はんだ不良などの品質チェックや、探傷検査に使用される。

関連するキーワードの製品を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【物理】電子工作で使う抵抗。抵抗値によって中身はどう違う?
  1. 円筒形の空洞の大きさが違う
  2. 細かい丸穴の数が違う
  3. らせん模様の数が違う

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ