技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

マーキング装置

よみ マーキングソウチ
英 MarKing Equipment
概要 マーキング装置とは、工業製品に文字や記号、ロゴマークなどを刻印する機械や装置のことで、刻印機とも呼ばれる。マーキング装置の種類には、レーザビームの熱で刻印する“レーザマーカー”、インクで印字する“インクジェットプリンタ”、製品に直接文字を刻む刻印などがある。

マーキングされる情報には2種類あり、ひとつが賞味期限やロット番号、シリアル番号など製品やロットごとに変更する必要がある印字内容である。これらは製造工程内で製品に直接印字することが多いため“ダイレクトマーキング”と呼ばれる。一方で商品名やモデル名、メーカー名など、変更の必要がなく、製品容器やパッケージ等にあらかじめ刻印されるものを“ソースマーキング”と言う。

マーキング装置といえばこの会社

非破壊検査用品、機器の開発・製造及び販売 印字・マーキング装置の開発・製造及び販売 電子機器の開発・製造及び販売 ...
マーキング装置の会社を探す

関連するキーワードの製品を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【物理】かつて天然に存在していた、現代でいうところのハイテク設備は?
  1. 原子炉
  2. 核融合炉
  3. 粒子加速器

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ