技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

ラインスキャンカメラ

よみ ラインスキャンカメラ
英 line scan camera
概要 ラインスキャンカメラとは、撮像素子(イメージセンサ)として1次元センサ(リニアCCD、ラインセンサ)を搭載した産業用カメラの一種。文字どおりライン上を走査するもので、通常のカメラ(エリアカメラ)のように2次元画像を撮影することはできない。エリアカメラよりも有利な特長は、画素数が多いため高分解能、高速、移動するワーク(シート状、長尺物など)の取込みを連続で行える、という点である。「ラインカメラ」「ラインセンサカメラ」も同義である。

ラインスキャンカメラといえばこの会社

精密機器輸入販売 ■理化学【計測・分析・研究用】 ・高感度冷却CCDカメラ ・超低ノイズEMCCDカメラ ・近/...
ラインスキャンカメラの会社を探す

関連するキーワードの製品を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【物理】モーター・豆電球・乾電池。直列つなぎでどう光る?
  1. ぼんやり光る
  2. 周期的に明るくなったり暗くなったりする
  3. 最初は光るが、次第に消える

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ