技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

ラックマウント型サーバー

よみ ラックマウントガタサーバー
英 rack-mount type server
概要 ラックマウント型サーバーとは、ラックに組込む薄型タイプのサーバーの一種。「ラックマウントサーバー」「ラックサーバー」とも呼ぶ。縦に何段も重ねて組込めるため、限られたスペースで多数のサーバーを設置する場合に適する。米国EIA規格により定義された19インチラックを使用するので、取付けには互換性がある。製品の高さは、以前は各種あったが、設置スペースの削減で最も薄型の1Uサイズ(1.75インチ)が主流となっている。接続ケーブルの差替えやハードディスクの交換など、前面からのメンテナンスが考慮された構造になっている。
他に、デスクトップ型、タワー型、ブレード型などがある。

ラックマウント型サーバーといえばこの会社

輸入販売:サーバーベアシステム、産業用PC、RAIDサブシステム、マザ−ボ−ド、CPU、メモリ、HDD/SSD、電源装置...
ラックマウント型サーバーの会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【生物】カエルの前肢の生え方、右が先?左が先?
  1. 左→右
  2. 右→左
  3. 必ず同時

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ