技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

ラピッドプロトタイピング

よみ ラピッドプロトタイピング
英 Rapid prototyping
概要 ラピットプロトタイピングとは3DCADの3次元データを利用して設計現場などで迅速に試作を制作する手法。RP:Rapid(速い) Prototyping(試作化)。FDM・SLS・LOM・インクジェットなどの生成手法があり、デザインサンプル、構造サンプル、樹脂などより住み分けがされている。

一緒に覚えておきたい用語

ラピッドプロトタイピングといえばこの会社

銑鉄鋳物(FC・FCD・特殊鋳鉄)製造 3次元CADを利用したラピッドプロトタイピング(imono−RP)事業 鋳造...
今日ではSolid CAMは産業・教育の分野で13,500シート以上の導入実績があります。Solid CAMは46ヶ国以...
ラピッドプロトタイピングの会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【化学】これまでに産出されたプラチナを一箇所に集めると何m四方の立方体になる?
  1. 6m
  2. 60m
  3. 600m

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ