技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

ランプヒーター

よみ ランプヒーター
英 lamp heater
概要 ランプヒーターとは、発熱体に電灯のフィラメントを用いた、非接触型のヒーターの一種。フィラメントに電流を通すと、発光(可視光線の発生)と同時に発熱(赤外線の発生)が起きる。この輻射熱をミラーやレンズでコントロールし、ライン型、スポット型のヒーターとして用いたもので、赤外線ヒーター近赤外線ヒーターランプヒーターであることが多い。電圧制御によって簡単に温度調節ができ、メンテナンスが容易などの特長をもつ。
ランプの種類には、発熱量の大きなハロゲンランプや、カーボンランプなどがあり、コーティングの熱処理、塗装の乾燥などに適応する。

ランプヒーターといえばこの会社

〜研究,工業分野での高温加熱技術に特化した専門メーカ〜 熱風または光加熱による多様な高温加熱ヒータを提供します
ランプヒーターの会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【生物】無セキツイ動物の中で、仲間はずれは?
  1. クラゲ
  2. ヒトデ
  3. サンゴ

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ