技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

リニアエンコーダ

よみ リニアエンコーダ
英 linear encoder
概要 リニアエンコーダとは、直線軸の位置を検出し、位置情報として出力する装置のこと。位置決めエンコーダ、リニアスケールとも呼ぶ。物差しとなるスケール(目盛)と、位置情報を検出するヘッド(検出器)で構成する。検出に光の反射を用いる光学式と、磁気を用いる磁気式があり、それぞれ絶対位置測定を行うアブソリュート式と、相対位置測定のインクリメント式がある。
ボールねじの熱膨張誤差、振動によるズレなどの解消に用い、フライス盤、ボール盤、曲げ加工プレスなど位置決め精度が要求される工作機器には必須といえる。

リニアエンコーダといえばこの会社

磁気リニアエンコーダー(磁気スケール)、 スリーブセンサー、 無人搬送車(AGV)用各種磁気センサー、 磁気近接ス...
リニアエンコーダの会社を探す

関連するキーワードの製品を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【生物】花粉の寿命を縮めてしまうのは?
  1. 酸素濃度を上げる
  2. 低温にする
  3. 放射線をあてる

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ