技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

ワイヤボンダ

よみ ワイヤボンダ
英 wire bonder
概要 ワイヤボンダとは、ICチップのパッドとリードフレームなどの間に導通用の金属細線を接続する装置のこと。加熱によるスポット溶接を行う方式、超音波併用熱圧着方式、ウェッジボンダとも呼ぶ超音波ウェッジ方式などがある。高い位置決め精度と、確実な接続、高速の両立が要求される。
使用するワイヤは、一般的な金線、強度と熱伝導に優れた銅線、パワー用途向けのアルミ線があり、線径は15μm~100μm程度。アルミ線はCOBデバイスや車載用、ディスクリート素子などに使用される。

ワイヤボンダといえばこの会社

半導体・電子部品業界向け製造装置、電子材料、環境関連機器・材料、舶用機器の輸入販売。主力製品は、車載デバイス分野で世界シ...
ワイヤボンダの会社を探す

関連するキーワードの製品を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【物理】大気圏突入と同じ原理の熱は?
  1. ガスコンロ
  2. 車のブレーキ
  3. ディーゼルエンジン

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ