技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

半導体レーザー

よみ ハンドウタイレーザー
英 laser diode
概要 半導体レーザーとは、レーザー発振する半導体デバイスのこと。実際の構造はダイオードであるため、レーザーダイオードとも呼び、LDと略す。同じダイオードでも発光ダイオード(LED)はレーザー発振していない。
発振波長に合せてさまざまな材料が使用されており、現在では赤外から紫外まで揃い、高出力タイプもある。他のレーザーと比較するとコンパクト・低価格なため、長距離・短距離の光通信や、記録メディア用の光ピックアップ、測長用、加工用など幅広い分野で利用されている。

半導体レーザーといえばこの会社

半導体レーザー応用製品開発・製造・販売
半導体レーザーの会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【生物】体長150cmほどのパンダの腸の長さは?
  1. 0.8m(体長の半分くらい)
  2. 8m(約5倍)
  3. 80m(約50倍)    

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ