技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

屈折計

ヨミ
クッセツケイ
refractometer
概要
屈折計とは、光の屈折を応用した測定器のこと。測定器といっても、実質的には液体用の濃度計を指す。液体に物質が溶けている場合、その濃度と屈折率が比例する。これを応用し、純水中の異物混入率、液体製品の純度、果実液中の糖度などを測定するのに屈折計を使用する。プリズムを用い、試料液の屈折率とプリズムの屈折率の差によって濃度を測定するのが基本的な仕組みである。液体に加え、固体の屈折率が測定できるアッベ屈折計もある。

屈折計といえばこの会社

研究用分析計、環境用分析計、医用分析計の製造販売およびそれに付帯する一切の業務 ◆カールフィッシャー水分計、電位差自動...
屈折計の会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【生物】横隔膜を持っていない動物は?
  1. ペンギン
  2. カモノハシ
  3. イルカ

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ